Menu

11日〜忘れない〜

平昌五輪まで

応援メッセージ
★☆メッセージ受付OPEN!☆★

関連リンク集

全国エリアオフ会情報

チケットゆづる

11日~星降る夜~

Gold Wingでは毎月11日に被災地に寄り添い、あの日を忘れないという思いを込めて記事をアップしていきます。

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。.

3月11日の夜、停電で明かりが消えてしまった仙台の街。緊急地震速報が鳴り続ける中、恐怖と絶望感でどうしたらいいか何も考えられずにふと空を見上げると、地上の光が一切なくなってしまった夜の空には隙間がないほど多くの星が輝いていました。
真っ暗な地上と満天の星空、そして時折見られる流れ星…たくさんの人が空を見上げ、その心にはいろいろな感情や思いが巡っていたことでしょう。あの時の記憶は、6年経とうとしている今でも忘れることはありません。
あの日広がっていた満天の星空が、今年も再現されます。今日から仙台市天文台で行われる『震災特別番組「星空とともに」』。番組内では、広がる満天の星空を眺めながら、あの夜にその場にいた方々の様々な思いも朗読されます。

あれから5年11か月…復興もままならないところもまだまだたくさんあります。復興途中の今、一番怖いのは風化してしまうこと。『震災特別番組「星空とともに」』は、震災後仙台市天文台だけではなく全国各地の天文台などでも毎年上映されています。
震災特別番組「星空とともに」投映情報2017
まだ見たことがないという方も機会があればぜひ一度ご覧になっていただきたいな…と思います。震災の記憶を風化させないように、ほんの少しの間でも思い出してもらえるようにと願っています。

【震災特別企画】震災特別番組「星空とともに」
「東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは見たこともないような満天の星でした。その輝きに被災者たちは何を見たのでしょうか?被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードをもとに仙台市天文台が制作したプラネタリウム特別番組。(HPより)」
<日時>
2/11(土)~3/25(土)までの毎週土曜日(※3/11を除く) 17:40~18:20
3/6(月)、7(火)、9(木)、10(金) 14:30~15:10
※3/11は震災特別企画のため、「星空とともに」の投映時間は13:50~、16:30~となります。
<場所>
仙台市天文台 プラネタリウム
<料金>
無料(各日9:00から仙台市天文台インフォメーションにて整理券を配布)
※ご予約はできません。
<定員>
各日270名

3月11日は、「星空とともに」の上映と共に、サイエンスインストラクター・防災士の阿部清人さんによる防災トークショーが行われます。

◆【震災特別企画】「星空とともに」投映と防災トークショー
プラネタリウム投映とトークショーを通じて防災について考えます。
<開催日>
3/11(土)
<場所>
仙台市天文台 プラネタリウム
◇「星空とともに」投映時間
①13:50~、②16:30~(各回50分)
<料金>
無料(当日9:00から仙台市天文台インフォメーションにて整理券を配布)
※ご予約はできません。
<定員>
各回270名
◇防災エンスショー~311の夜、ラジオで呼びかけた言葉とともに~(トークショー)
15:10~16:10
<料金>
無料(当日9:00から仙台市天文台インフォメーションにて整理券を配布)
※ご予約はできません。
<出演>
サイエンスインストラクター・防災士 阿部清人
<料金>
無料(当日9:00から仙台市天文台インフォメーションにて整理券を配布)
※ご予約はできません。
3月11日の夜、ラジオで防災士の立場から様々な呼びかけを行った様子を再現。言葉のもつ力を振り返ります。その経験をきっかけに、震災の教訓を伝えるため全国各地で上演している防災の科学実験を交えた講演「防災エンスショー」を披露します。

 

震災 星空 復興支援

スノードロップの花言葉は「希望」「慰め」。
(画像:Photo indexより)

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

Gold Wingでは皆様のボランティア体験や被災体験など、東日本大震災を忘れないための記事やエピソード(俳句や短歌、詩などの作品でも可)を募集しています。
投稿は お問合せフォーム  からお願いします。
※お問合せ項目は「7)ホームページについて」を選択してください。