Menu

その他/お知らせ

平昌五輪まで

応援メッセージ
★☆メッセージ受付OPEN!☆★

リアルタイムアンケート

関連リンク集

全国エリアオフ会情報

チケットゆづる

試合観戦でのバナー掲示について

試合観戦が初めての方からは、楽しみと同時に応援の仕方への不安や戸惑いの声も多く聞かれます。そこで、一般的なリンクでのマナーについて手持ちバナー掲示を中心にご紹介させていただきますので、参考にしていただけましたら幸いです。

1.バナーの掲げ方について
試合やアイスショーで手持ちバナーを掲げる際には周囲への心遣いが大切です。
バナーを横に広げたり、スタンディングオベーションすることで周囲の視界を妨げることにもなりますので、事前に左右や後ろの席のお客さんには「すみませんが、○○選手の時はバナーを掲げます」とご挨拶しておくとよいかと思います。ご挨拶がきっかけでお隣の方と楽しい会話が生まれるかもしれませんね。
また、バナーを掲げる時は胸の高さにとどめ、腕を広げ過ぎないようにして、後ろや隣の方の視界を妨げないように注意しましょう。

2.バナーを掲げるタイミングと声援について
前の選手の演技が終わってから採点が出るまでは、応援する選手が出てきてもバナーを掲げたり騒いだりしないようにしましょう。 バナーを掲げるタイミングや声援は、名前がコールされてから選手が定位置に着くまでです。着いたら静かに下ろしましょう。 演技中は隣や後ろの席の方に迷惑になりますし、選手の集中を妨げる可能性があるので掲げないようにしましょう。 演技が終わって選手がご挨拶する時は選手の頑張りを称え、掲げてもよいかと思います。

3.その他
バナーをお持ちでない方も沢山いらっしゃいます。バナーを掲げることだけが応援ではありません。温かい拍手や声援は選手にしっかり届いて力になると思います。
また、演技に集中するあまり、背もたれから離れて前のめりや椅子の前の方に座ったりする方が見受けられます。この座り方をすると、横の席や後ろの席の方は視界を遮られリンクの選手が見えなくなるので、ストレスの多い観戦になってしまいます。演技中の席の移動も迷惑になります。
周囲の方に迷惑をかけないマナーを一緒に学んでいきましょう!
こちらも参考にしてくださいね。 → 日本スケート連盟 観戦ガイド